シアトルでの平凡な生活

by mawaha
 
カテゴリ:ピッツバーグ( 50 )
 
久々ピッツバーグ
c0052539_424854.jpgピッツバーグの家の売買がようやくまとまったので、置いてきた家財の引越しの為、急遽ピッツバーグへ6泊7日で行ってきました。約2ヶ月振りのピッツバーグは寒かった! 更にお天気もずーっと悪くて、久々に会った知人に「シアトルの天気を持って来たのか?」何て言われてしまいました。

今回のピッツバーグ訪問は引越しおよび家の引渡しの準備の為で、滞在中はかなり忙しかったのですが、それでも友人達と会うこともでき、充実した時を過ごすことができました。またこれで食べ収めとばかりに、好んで通ったレストラン(Point Brugge、Tram's Kitchen、Rose Tea Cafe、Girasole 等)で懐かしの味を堪能することもできました。さすがに体重が増えてしまいましたが・・・。

c0052539_4252771.jpgピッツバーグ滞在最後の日になってようやく天気が回復し、暖かくなりました。この日は午前中に Ha の一番長いお友達のリリーと Phipps Conservatory で再会しました。Ha はこの日をずーっと楽しみにしていたので、リリーちゃんに会うと大興奮。二人でコソコソ話をしたり、広場を駆け回ったり、手を繋いで仲良く歩いたり。その間私達はリリーのママと近況報告をしあったのでした。
c0052539_4301837.jpg


またピッツバーグを訪れることがあるのかな・・・?
[PR]
by mawaha | 2007-04-26 13:25 | ピッツバーグ
 
暖かく感じられた1日
今日は久々に気温が0度を上回り(今朝の時点での本日の予想最高気温は2℃でした)、長く降り続いた雪が止んでお日様が顔を出し、今までが寒過ぎた分少し暖かく感じられました。庭は完全に雪で覆われ、真っ白い絨毯が敷かれている様。Ha の三輪車はほぼ雪に埋まっています。とにかくここ1ヶ月間の寒さは半端ではなかったです。最高気温がマイナス10℃前後で大雪なんて日ばかり。ピッツバーグ在住6年になりますが、こんなにひどい寒さ+雪は初めてだと思います。家に閉じこもる日が多く、ストレスが溜まりました。とりあえず寒さの峠は越えたようで、ホッとしています。

c0052539_115631.jpgところで、先週の金曜日の朝にお隣の家の前の歩道から水が湧き出ているのに気づきました。寒さのために水道管が破裂したのかと思い、すぐに水道局に電話して報告したのですが、その時点で既に水道管破裂が6件報告されていて、すぐには来ることができないと言われました(ちなみにお隣さん一家はその日から海外旅行中でお留守)。でも月曜日の今日になっても未だに水が湧き出たままです。我が家のある通りは勾配があり、お隣の家の前から湧き出た水は、我が家の前を通ってずっと下方へ流れて行っています。我が家の場合、家を出て階段を下りるとちょっとした小川が流れている感じなのですが、坂を少し下って行くと、水は歩道から道路にまで流れて行き、更に下へ行くと水がカチンカチンに凍り付いてしまっていて、まるでアイススケートリンク状態。この辺りに住んでいる人は、容易に歩くことができなくて迷惑していることでしょうね。水道局もこんなにのん気+いい加減で良いのでしょうかね~。
[PR]
by mawaha | 2007-02-19 23:51 | ピッツバーグ
 
Frozen Pittsburgh
c0052539_237575.jpg信じられないほど寒いピッツバーグです。ここの所気温が零下続きなので、街が凍ってしまっている様な気がします。今日は一応お日様が出たので、一見暖かそうに見えたのですが、相変わらず気温は低かったです。でもこの寒さにもいい加減慣れてきたと言いますか、防寒対策が上手くなってきたのか、それ程寒さが身に応えることはなくなりました。

土曜日にダウンタウンに行ったついでに Mt. Washington に行って Three
Rivers を眺めてみることにしました。Allegheny River と Ohio River には氷があったのですが、Monongahela River には全くありませんでした。Ohio River の氷は Allegheny River から流れてきたものなのでしょうね。

c0052539_23184930.jpg
翌日の日曜日、買い物に行く途中に Allegheny River の上流の方を通ったら、川は完全に凍りついていました。この日の予想最高気温はマイナス12℃! Aspinwall Marina に車を止めて写真を撮影することにしましたが、余りの寒さに写真を数枚撮っただけで即車に戻りました。
c0052539_23201462.jpg


春になるまでボート達は陸の上でお休みです。
暖かい春が待ち遠しい・・・。

[PR]
by mawaha | 2007-02-05 10:10 | ピッツバーグ
 
極寒
私達が Turks & Caicos から戻って来て以来、ピッツバーグではほぼ毎日雪が降っています。気温も0度を下回る日がほとんどで、最高気温は-2℃~-4℃。週間天気予報を見たら、予想最高気温が-9℃なんて日もあります。つい最近まで暖冬だった分、遅れを取り戻す感じで一気に集中して寒くなってしまったようです。最高気温が1℃前後+降雪がダラダラと長く続くのと、1ヶ月ほど集中して極寒+大雪+それ以外の時は暖かいのでは、どちらが暮らしやすいかな?

こんなに寒い日は Ma に Ha のお迎えをお願いします。でも Ma はどうしても今日は仕事を抜けられないので、私が迎えに行かなければなりませんでした。私は未だに車の免許を取得していないので、バス+徒歩でお迎え。Ha はどんなに寒くてもズボンを履くことを拒否し、スカートまたはワンピースしか着てくれません。今日もドレスにタイツという姿で見ていて寒そう。でもいつもは嫌がるスノーブーツとダウンジャケットを着させることに成功。幸いプリスクールから家に帰る時には雪は止み、案外すんなりと家に帰ってくることができました。

ところで、1ヶ月ほど前によく利用するバス停の前に Dozen Cupcakes というカップケーキ屋さんがオープンしました。オープンして割と直ぐの頃、話の種にとカップケーキを買ってみました。1個2.50ドルもしてビックリ!味は私と Ma には甘過ぎて、特別美味しいとは思いませんでした。でも Ha はバニラ・カップケーキをとても気に入った様で喜んで食べていました。それ以来、そのバス停に行くと Ha はカップケーキを催促してきます。今日も結局3個お買い上げ。今度は1個前または後のバス停まで移動してバスを待つことにしようかと検討中です。
[PR]
by mawaha | 2007-01-30 19:24 | ピッツバーグ
 
ホッキョクグマ
c0052539_11155439.jpg
感謝祭の翌日の午前中は、お天気がとても良かったので動物園へ行くことにしました。お目当ては Pittsburgh Zoo & Aquarium に新しくお目見えしたホッキョクグマです。午前10時半頃に動物園に到着すると、既に駐車場の3分の2は埋まっていました。

駐車場で友人家族と合流。まずはお目当てのホッキョクグマを見に行こうということで合意し、動物園を回らずに水族館へ直行しようと思ったら、混雑を避けるためか入り口から水族館への近道へは直接行くことができなくなっていました。仕方なく通常ルートで動物園を少し早足で見て回り、ようやく水族館に到着。水族館の中には入らず、隣接して新しく出来たホッキョクグマの施設へ向かいました。でもホッキョクグマを見るために行列ができているではないですか! 行列してまで見るのも・・・と思ったけれど、せっかくここまで来たのだからと考え直し、列に並ぶことにしました。列の進みは案外速くて、15分ほどでホッキョクグマくん達を見ることができました。ホッキョクグマを見るという目的を達成してしまうと、益々人手が増えてきている動物園にこれ以上留まる気はしなかったので、退散することにしました。

駐車場に戻ると既に満車で、駐車場に通じる道路にも車が止めてあり、更にこれから動物園に来る車で道路は渋滞していました。午前中の内に来て良かったです。
[PR]
by mawaha | 2006-11-24 23:54 | ピッツバーグ
 
RADical Days
週末は、 Allegheny Regional Asset District により毎年開かれている RADical Days の催しへ行ってきました。RADical Days は、期間中の指定された日に、動物園や美術館等の施設を入場無料で楽しむことができるのです。

まず土曜日は Pittsburgh Symphony Orchestra による Heinz Hall でのファミリー・コンサートへ。このオーケストラに日本人の女性バイオリニストが2人いることを初めて知りました。コンサートにはお馴染みの Fiddlestick も登場し、オーケストラで使われている楽器の紹介をしたり、皆で「ドレミの歌」を歌ったりと、とても楽しい1時間を過ごすことができました。

c0052539_1251930.jpg 日曜日には、友人家族と一緒に Regent Square にある Square Cafe でブランチをした後、North Side へ移動し、Children's Museum へ行きました。日曜日で更に RAD のおかげで入場無料とあって、開館後すぐに入ったのに既にかなりの混雑。でも Ha とお友達のエミリーは人混みに怖気づくことなく喜んで遊んでいました。結局2時間ほどずーっと遊び続けたのでした。

Children's Museum の後は、すぐ近くにある National Aviary へも寄ってみました。ここも入場無料。フラミンゴさん達がちょうどお食事中で、Ha はフラミンゴの食事風景(←)を熱心に観察していました。

本当は同じ North Side にある Mattress Factory へも行ってみたかったのだけれど、子供達がお疲れモードになったので、家にかえることにしたのでした。RADical Days の催しは今週末まで続いています。
[PR]
by mawaha | 2006-10-02 12:25 | ピッツバーグ
 
Berry Picking
c0052539_3432279.jpg

友人親子と一緒に、ピッツバーグから車で北へ20分程入った所にある Paskorz's Berry Farm へ、ブルーベリー & ブラックベリー摘みに行ってきました。まず入り口の小屋で持参した容器の重量を量り、ブルーベリーの木のあるエリアへ。各自入れ物を持って、食べ頃のブルーベリーをひとつひとつ摘んでいきました。ベリー狩り初体験の Ha は、面白がって木の下のほうにあるブルーベリーを摘んでは、喜んで入れ物の中身を見せくれました。でもすぐに飽きてしまい、お友達と一緒に車へ戻り、早々とおやつを食べ始めたのでした。ブルーベリーを一通り摘み終わると、今度はブラックベリーの収穫を始めました。とてもきれいなブラックベリーがたくさんあり、入れ物はすぐに一杯になってしまいました。静かな農場で、青空の下黙々とベリーを摘むという作業は、とてもくつろいだ気分にさせてくれました。

結局2時間ほどベリー摘みを楽しむことができました。たくさんのブルーベリーとブラックベリーが入った容器を持って入り口の小屋に戻り、収穫物の軽量をしました。合計で7ドルちょっと。スーパーで買ったら一体いくらしたことでしょう・・・。20ドルはするかも? とうもろこしも安く売っていたので 1 ダース($4)を買い、友人と半分に分けたのでした。他にも新鮮なトマトがとても安く売られていました。

たくさん摘んだブルーベリーとブラックベリー。ブルーベリーを使ってパイを作ろう・・・と考えていたのですが、家に帰ってブルーベリーを洗っている間につまみ食い。余りの美味しさに止まらなくなり、どんどん食べてしまって、気が付いたらブルーベリー・パイを作るには足りなくなっていました。でもまだブラックベリーには全く手をつけていないので、ブラックベリー・コブラーにでも挑戦してみたいと思います。とりあえずブラックベリーは冷凍保存し、ブルーベリーは食べてしまうことにします。

来年の春には是非、イチゴ狩りに来たいです。
[PR]
by mawaha | 2006-08-15 23:10 | ピッツバーグ
 
Ohiopyle
c0052539_2254632.jpg Ma の同僚家族と一緒に、ピッツバーグから車で1時間半ほど南東に行った所にある Ohiopyle State Park へハイキングに行ってきました。午前9時に友人宅に集合し、車4台で出発しました。

Donegal で Pennsylvania Turnpike を降りると、そこから先はのどかな田園風景が広がっています。Ohiopyle へ向かう途中、フランク・ロイド・ライト設計の落水荘があります。今だからピッツバーグから1時間半で来ることができるけれど、その当時は道路状態や車の性能は今ほど発達していなかったはず。持ち主のカウフマン氏はどれほどの時間をかけて、週末を落水荘で過ごすために来ていたのでしょう。

c0052539_2255989.jpg
Ohiopyle に予定通り到着。私と Ma は ラフティングやキャンプをしに Ohiopyle に何度か来たことがあるのですが、Ha は今回が初めてでした。今回のグループには3歳児が2人いたので、距離の短い Ferncliff Trail を歩くことにしました。これは Youghiogheny River が大きくコの字型に蛇行して、半島のようになっている地形の起点から、半島をループ状に歩くコースです。森の中はとても静かで神秘的。時々川の音が聞こえてくるだけです。Ha は自分で歩いたり、Ma に肩車されたりしながらハイキングを楽しんでいるようでした。

c0052539_22145185.jpg
途中、コースから外れて Youghiogheny River の河岸に降り、岩の上に座ってランチ休憩をしました。カヌーやラフティングのグループが次から次へと川を下っていくのを見物できます。ちょうど目の前にちょっとした急流があり、難関を軽々とクリアしていくカヌーの人もいれば、コントロールを失って奇声を上げているラフティングのグループを見物できて、なかなか面白かったです。またラフティングしたいな~。

c0052539_2363814.jpg
ランチ休憩の後、再び歩き始めました。後半のほとんどは川沿いを歩きます。Youghiogheny River Ohiopyle Falls を眺めることができる絶景スポットもありました。後半のほとんどを自分で歩いた Ha は、予想通り帰りの車の中でぐっすり眠ってしまいました。

暑さが和らいだら、今度はサイクリングに是非来たいです。
[PR]
by mawaha | 2006-08-13 21:46 | ピッツバーグ
 
Idlewild
c0052539_23201219.jpg友人家族と一緒にピッツバーグから車で1時間ほど東へ行った所にある Idlewild へ行ってきました。ここは KennywoodSandcastle を足して2で割ったような所で、乗り物系の遊園地と滑り台のあるプールがあります。Kennywood へ行って以来、遊園地の楽しさにすっかり魅了された Ha は、今日も自分がどこへ来たのかを悟ると、張り切って次から次へと乗り物に乗っていきました。最初は Raccoon Lagoon という小さな子供用の乗り物があるエリアで、お友達のリリーちゃんと一緒に乗り物に乗っていたので、大人達は二人を眺めながらお喋りをしていて楽なものでした。
c0052539_4325431.jpgRaccoon Lagoon での乗り物を一通り乗りつくしてしまうと、次は Ha の身長では大人が同伴しないと乗ることができないものに乗りたがりました。それも回り物系ばかり。私は回り物系が全くダメなので、Ma に Ha の相手を任せました(Ma も回りもの系が苦手)。でも観覧車なら大丈夫だろうと思い、Ha と一緒に乗り込んだのですが・・・怖かった。観覧車自体は余り大きくはないのですが、回転速度が思ったより速いのです。私は大きくてゆっくり動くタイプの観覧車にしか乗ったことがなかったのでビックリしました。乗客の乗り降りの際は、観覧車は完全に停止するのですが、私達が頂点に達した際に止まってしまった時は、高所恐怖症気味の私にはものすごーく怖かったです。Ha は明らかに怖がっている私を見て笑っていました。

お友達と一緒に乗り物に乗ったりプールで遊んだりして人生至福の時を過ごしたHa は、帰る時間になっても当然のことながら帰りたがりませんでした。車に乗って少しの間泣き続けた後眠ってしまいました。
c0052539_4324095.jpg

[PR]
by mawaha | 2006-08-06 22:07 | ピッツバーグ
 
Sandcastle Waterpark
c0052539_8474254.jpgお友達と一緒に Sandcastle Waterpark へ遊びに行ってきました。ピッツバーグにもう5年も住んでいるけれど、ここに来るのは今回が初めて。開園時間の20分前に到着したら、既に多くの人が門の前で待っていました。今日も最高気温が30℃を超えることが予想されていたので、今日はかなり混雑することが予想されていました。門が開くと、ほとんどの人がチケット・ブースで立ち止ることなく中へ入って行きました。シーズン・パスを買うと3回来場すれば元が取れるので、多くの人が既にシーズン・パスを持っているようです。私達はチケットを購入。Giant Eagle のクーポンを利用して、大人1人+子供1人で $27.90 でした。確かにシーズン・パスはお得。

c0052539_8495399.jpg中に入ると、川沿いの子供用のプールのあるエリアへ向かいました。Sandcastle には子供向けの浅いプールが3つあり、各プールには噴水や滑り台があります。この3つのプールを行ったりきたりしたので、Ha とお友達のリリーは全く飽きることなく遊んでいました。ほとんどの間 Ha とリリーは二人で仲良く遊んでくれたので、私とリリーのママは水に浸かってのんびりすることができました。他にも Ha と一緒に浮き輪に乗って、流れるプールをのーんびりと漂ったり、波のプールで飛び跳ねて遊んだりして、時間があっという間に過ぎてしまいました。

c0052539_8475854.jpgSandcastle には滑り台がたくさんあり、どれも面白そう! でも多くの人が滑り台を目当てに来るので、長い順番待ちの列ができていました。次回は是非ともチャレンジしたいです。

Sandcastle からの帰路、予想通り二人とも眠りに落ちてしまいました。とにかくとーっても楽しかったです。来年はシーズン・パスを買おうかな・・・。
[PR]
by mawaha | 2006-07-18 19:14 | ピッツバーグ


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Click for Redmond, Washington Forecast

Site Meter